最強ヒルクライマーの最強ヒルクライム日記

赤城ヒルクライムを舞台に行われる最強のブログです

8/11(土)【2018彩湖道満トライアスロン】ミドルの壁

 

さあ先週に引き続き地獄の2週連続トライアスロン

 

今回は無謀にも初ミドルディスタンス(スイム1.5km,バイク82km,ラン23.45km;いわゆる変則ミドル?)でございます。

 

 

 

湖(池?)を泳ぐのってどーなんだ!?

 

バイク8周って飽きないのか!?

 

ラン23kmも俺の膝は持つのか!!?

 

 

 

まず、今回なぜこの彩湖道満トライアスロンにエントリーしたか。

 

それは私がトライアスロンの最終目標に位置付ける佐渡トライアスロン(スイム3.8km,バイク190km,ラン42.195km)の出場条件に

 

「ミドルディスタンス以上の完走」

 

が必須と書かれているからだ。

 

しかし、それに気づいたのが今年の春先。

 

なんか1年待つのだるいな〜とか思いつつ、ミドル・ロングのトライアスロンを探してみるものの軒並み受付〆切が終わっていた。

 

なんか今から出れる大会ないかな〜

 

と諦めずネットを徘徊していると、

 

ん?

 

これとか埼玉で群馬から近いし、申込も直前まで受け付けてるみたいだし、ちょうどよくね?

 

たかはらやまトライアスロン(8/4)の翌週だからそこそこ体も仕上がってんしょ!

 

と、気軽にエントリー。

 

 

いま思えばこれが地獄の始まりだったとは知る由もない・・・

 

 

 

 

まあ、このたかはらやまトライアスロン年代別2位の俺様には余裕ッショwwwww

 

 

ということでレポスタート〜!!

 

 

 

 

◼️地獄のスイム

 

彩湖(さいこ)と呼ばれる埼玉・東京民の飲料用の貯水池(川の一部?)を1500m泳ぎ続ける。

f:id:rollretasu:20180827072232j:image

↑赤矢印の上流から管理橋?くらいまで

 

控えめにいって水は汚い。

言葉を選ばないのであれば【※自主規制※】

 

台風の後で水が濁っていたこともあったのだろうか。

 

今までプールでしか泳いでいなかった自分にとって初外ということで、絶対に水を飲まないように気をつけることにした。

 

トライアスロンはというと、なんかゆる〜い感じの合図でスタート。

100人くらいが一気に泳ぎ始めるので腕が当たったり、蹴られたりはご愛嬌です。

 

そして、有視界ほぼゼロ

自分の動かしてるハズの腕が見えませんからね...

 

青汁の中を泳ぐとたぶんあんな感じなのでしょう

 

 

たかはらやまトライアスロン(スイムがプール)のときはウエットスーツが秘密兵器感ありましたが、今回はウエットスーツが宇宙服ばりの生命維持装置に感じました。

 

 

私はオープンウォーターの大会に出たことがなく、しかもコース初見なこともあり、どこへ行ったらいいのかよくわからず、周りの人に合わせて適当に泳いでました。

 

というかバイクトランジットは橋を渡った先の対岸にあるので途中まで

もしかして川を対角線に泳ぎ切るのか!?

よくわからん!!!

とか困惑し、ジグザグに泳いでました。

 

当たり前ですが、事前に配られる案内にも岸沿いに泳ぐと書かれてますし、スタート前に「間違って向こう岸に泳がないでくださいよぉ〜笑」なんてアナウンスがあります。

 

 

でも、みんな川の真ん中あたりを泳いでいたように感じたんだけどなぁ〜

 

 

岸が近いと浅いから泳ぎにくいし怪我とかし易いのかな?

 

 

まあオープンウォーターの1500mが全く距離感がわからないので、途中ヘッドアップしたり、ラッコさんみたいに背泳ぎしながらガーミンウォッチ確認してみたり、意味もなく腕のストロークを数えてみたり(←あるあるだと思います)してました。

 

 

グリーンウォーターに慣れてくると

 

あ、ここら辺の水冷たくて気持ちいい

 

とか

 

あ、なんかこの部分ぬるくて嫌だな

 

とかいろいろ感じてきます。

 

なんか海を泳ぐ回遊魚が適した水温を求めてあちらこちら行く気持ちめっちゃわかります

 

 

 

そんなこんなでゴール地点の最高に滑る床状態の苔の段差をプルプルしながら岸を上がり、バイクトランジットエリアへ。

 

 

しかしこの上がった岸からバイクトランジットまでがめちゃ遠い

 

1kmくらいあるのではなかろうか。

 

スイムのスタート地点に向かう人で裸足で行く人が何人かいたんですが、このゴール地点にサンダル置いてったってことなんですね、たぶん。

 

蛇行して泳いでいたこともあり記録が30分28秒(スイム制限時間34分59秒以内)

 

今回は完走というか生きて帰ることが目標なので順位は特にこだわらず。

 

橋を歩きながら(←オイ)渡っている途中、まだ泳いでいる人たちが3割くらいいたと思います。後でまたわかるんですが、この大会関門時刻めちゃくちゃエグいですよね。。。

 

 

 

 

◾️地獄のバイク

 

みんな駆け足でトランジット向かう中、

 

どうせ完走目的だし、ゆっくりいこぉ〜♪

 

と移動が完全に散歩状態。

 

ウエットスーツ脱いだり、靴履き替えたり、ポケットにおやつ入れたりしてたらスイムゴールからバイクスタートまでのトランジットだけで12分くらいかかってました。

f:id:rollretasu:20180827100729j:image

 

 

そしてさあ待ってましたといわんばかりに得意のバイク。

 

河川敷のサイクリングロード的なところ(ほぼ平坦)を8周回。

もうすでに最強ヒルクライム日記ではないという・・・

 

いや、ところどころ100mくらいの坂が1〜2箇所あったし!!

 

 

とりあえず1周20分以内を目標に時速30km/h越えでひたすら漕ぎ続けます。

 

ちなみに本番中はバイクの距離が8周80kmだと思ってて(本当は82km)、

1周が10.25kmあるので平均30km/hペースだと微妙に20分で周回できません。

 

 

なんかやけにコースの長さにムラあるなぁ〜

スタッフぅ〜笑

 

 

なんて本番中は思ってました。

 

要綱にもちゃんと書いてあるよね!!

 

とか怒られそうですね。すまん。てへぺろ

 

だいたい19分50何秒とかで周回でき、いいペースだったと思います。

トライアスロンバイクに宇宙人みたいなヘルメットしたマジキチ(褒め言葉)勢↓

f:id:rollretasu:20180827081149j:image

以外にはあんまり抜かれなかったと思います。

 

前半4周はケイデンス意識したり、後半4周はトルク意識のフォームにしてみたり、5周したらおやつ食べようとか目標もってみたり、とにかく周回コースは飽きやすいので(自分だけ?)とにかく気持ちが切れないようにしてました。

 

 

エイドもありましたが

 

この暑さの中(38℃)止まったら負け

 

と思い、全スルーしました。

 

 

ただ、全体の距離が長いので補給は大事だと思います。

素人的に。

自分はバイク乗りながらウイダーゼリー2つくらい食してました。

 

バイクの記録はトランジット含めて2時間55分20秒(バイク制限時間3時間10分以内)

 

 

 

 

◾️地獄のラン

 

さあいよいよ前代未聞の23.45kmラン

さきほど泳いだ彩湖の土手をぐるぐる周る周回コース

 

今まで最長10kmしか経験のない自分にとってはただただ不安なだけ。

 

膝が痛くなることを恐れ、フォームや体幹を意識し、7分/kmペースくらいで、しかし歩かないように淡々と走り続けました。

 

 

バイクはボトル持参しましたが、ランは特に用意していなかったので、エイドを利用することに。

 

この猛暑の中2.5kmおきに訪れるエイドはまさにオアシスでした。

 

特にコーラ。

 

一度飲むとあの魔力からは逃れられません。

 

 

 

くぅ〜!!

 

 

このコーラ・・・

キンキンに冷えてやがるっ・・・!!

 

殺人的すぎるっ・・・!!!

 

 

このうまさっ・・・

 

f:id:rollretasu:20180827101555j:image

 

 

 

マジでうますぎます。

 

 

 

そして、走り続けて3周目・・・

 

ここまで歩いたりする人を横目に

(ちなみにこのトライアスロンにおいて歩いてる人を責められる人はいないと思います。。。それくらい過酷かと。。。)

 

自分は頑張って走り続けるぞぉ〜

 

と思って頑張っていましたが

 

ついにその時が訪れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハアハア・・・

 

 

 

 

 

 

 

ハアハア・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハアハア・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スッ・・・(歩く)

 

 

 

 

 

 

人間というものは一度諦めたらあとはもろいものです。

 

 

半周歩いていました。

 

 

そしてとどめのエイドのコーラが枯渇。

 

 

 

終わった・・・

 

俺のチャレンジはここで終わった・・・

 

 

 

というかはじめあれだけ(100人超)いた参加者が全然いない。

周回コースを走ってる人がまばら過ぎます。

 

 

みんなやられたか・・・

 

いや俺ももうダメかもな・・・

 

フッ・・・

 

 

 

しかも周回のスタート地点であと2周!!の声が。

 

 

 

えw

 

 

 

あと2周(10km)あんの!?w

 

 

 

1周が何キロか把握してませんでしたが、まさか全部で5周とは・・・

 

 

ラスト一周なら気合で頑張れる気がしますが、これは精神的大ダメージ。

 

 

 

つーか4周でよくね!?

 

このコース考えたやつアホか!!?

 

 

 

 

って100回くらい思いながら4周目へ。

 

 

 

もう気持ちは完全に途切れ、徒歩状態。

 

 

 

そして、突然のゲリラ豪雨

 

 

シャンプーすれば髪洗えるレベルの凄まじい勢いで雨が道路を、そして私を打ちつける・・・

 

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

でもコレめっちゃテンション上がるやん!!

 

 

 

 

豪雨で暑さが和らぎ、土砂降りの中を走るという行為が「なんかオレカッコいい」状態へと誘う・・・

 

 

これがランナーズハイなのか!!?

 

 

気分的に完全にショーシャンクの空にでした

f:id:rollretasu:20180831060446j:image

 

 

 

しかも4週目途中でエイドのコーラが復活!!

 

 

度重なる幸運により、なんとか気持ちを持ち直しラスト一周へ。

 

 

しかし、この時点で途中歩いたこともあり、5時間50分が経過...

 

 

「確か全体の制限時間が6時間30分だったな...」

 

 

あと40分で1周(約5km)...

 

 

このボロボロ(プラス雨でびちゃびちゃ)の身体でいけるの...か...!!?

 

 

いや、思い出せ!

 

俺は佐渡のロングに出るためにこの大会に出ると決めたんだ

(※繰り返しになりますが佐渡ロングにはミドル以上の完走が必要です)

 

これくらいの距離で完走できないようじゃ何をやってもダメだ!!

 

 

神様は乗り越えられる試練しか与えない!!

 

 

 

 

 

なおも豪雨は降り続ける中、左膝の痛みに耐えつつ強靭な精神力で6:00/kmほどにペースを上げ、ラスト1周を文字通り歯を食いしばり走り続ける。

 

 

 

だって来年もう一回これをやることになったら嫌だし!

 

 

 

 

 

腕時計をチラチラ見ながら、

ここで走るのを辞めたら絶対に間に合わない

と断固たる決意により残りわずか...

 

 

制限時間まであと10分...

 

 

 

7分...

 

 

 

5分...

 

 

 

3分...!!!

 

 

 

 

手元の時計で残り3分を切ったところでゴールゲートがっ!!

 

 

やった!

ついに俺はやったんだ!!

 

 

このままゴールに向かって一直線っ!!!

 

 

 

 

係員「あっ、この先100m行って折り返してからゴールだよ」

 

 

 

 

 

その折り返し必要っ!!?

 

 

 

 

イメージとするとゴールゲート横を一旦過ぎてからコーンで折り返してゴールゲートの反対側からゴールするらしい。

f:id:rollretasu:20180831092626j:image

 

 

 

まあ何でもいいや!!

 

 

制限時間6時間30分がせまっているせいか

周りのスタッフから

『間に合うから頑張れ頑張れ』のかけ声が。

 

 

 

100mを折り返しついに雨の中ゴール。

 

 

 

ゴールしたときもらえたタオルがめっちゃフワフワで超気持ち良かったです

 

 

はは〜ん

さてはこのタオル柔軟剤使ってるだろ〜

https://youtu.be/Spyga1KbEmI

 

 

 

こんなに嬉しい参加賞のタオルは初めてかもしれん

 

 

 

ランの記録は3時間00分11秒←やばっ...

 

 

 

そして

3種目合わせたゴールタイムが

 

6時間26分19秒‼︎

(制限時間6時間30分)

 

 

 

ゴール後にもらった焼肉弁当を食べながら

 

 

 

最後諦めなかった自分めちゃくちゃ偉いわ〜

 

 

やっぱトライアスロン面白ぇわ〜

 

 

 

その時の私はやりきった漢の横顔をしていたに違いない。

 

 

 

なんか帰り道も帰ってからも何となく機嫌良く過ごしその夜はぐっすり眠れたことに間違いはない。

 

 

 

しかしなんとなく気になっていたことがひとつ。

 

 

あの過酷な大会の完走率ってどれくらいなんだろう

あと俺の順位ってどれくらいかな

 

 

土曜日の大会の後、翌日の日曜日の夜の眠る直前、布団の中でスマホをいじってみた

 

 

 

 

お、リザルト出てるやんけ

 

 

 

ん?

 

 

 

 

えw

 

 

 

 

f:id:rollretasu:20180831065051j:image

 

 

 

総合順位『TOV』?

 

 

 

『TimeOVer...』??

 

 

 

タイムオーバーぁ!!?

 

 

 

 

 

 

ま、待ってくれ!

 

 

何かの間違いであってくれ!!

 

 

応募要項はっ!?

 

f:id:rollretasu:20180831065345j:image

 

 

(^q^)アウアウア〜

 

 

全体の制限時間があることは何となく頭に入っていたが、種目ごとに制限時間があることは知らなかった・・・

 

 

 

あのゴールの感動を返してほしい・・・

 

 

 

せっかく完走したと思ったのに!!

 

 

 

くっっそー!!!!!

 

 

 

f:id:rollretasu:20180831065822p:image

 

 

 

 

その日曜は悶々として眠れぬ夜を過ごしたことは言うまでもない・・・

 

 

 

 

 

 

つーかこういうスポーツ系の大会で制限時間越えって久しぶりだな〜

確かにランの練習は週1とか舐めてたからな...

 

 

 

というか(時間内)完走率29%とか低すぎワロタwww

 

 

 

 

 

マジかよ...

 

 

 

f:id:rollretasu:20180831073802j:image

来年も出るか...