最強ヒルクライマーの最強ヒルクライム日記

赤城ヒルクライムを舞台に行われる最強のブログです

【2018たかトラ練-③】仮想たかはらやま練

 

はい

 

今回もたかはらやまトライアスロンに参加する300名弱という若干ニッチな方たちのためにこれまでのトライアスロンの練習の様子を記していきたいと思います。

 

↓ここ1ヶ月くらいの話↓

【スイム】

練習回数4回くらい。

25mプールならば100m2分ペース(本番1500mを30分ペース)は余裕を持って回れる気がする。

※ただし500m泳ぐとなんとなく止まっちゃってます。テヘッ。

公共施設のプールではトップクラススイマーではなかろうか。(他に若い人もあんまいないしね...

 

【バイク】

赤城山ヒルクライムコース(20.8km)を1時間09分で登りきれるほどに。自分の才能に震える。

 

【ラン】

膝痛を発症しないか気にするあまりキロ7〜8分のジョギングペースでしか練習していない。それも5km程度。

練習回数は4,5回くらいか?

ランが一番の不安要素ですな!

 

以上近況報告。

 

 

続いて3種目練習の話。

 

 

7月8日(日)

去年はトライアスロン本番当日で3種目を初めて通しでやったためバイク途中あたりから完全にバテていた。

今年はその教訓を活かし、3種目を連続してこなす練習をしておこうということだ。

 

ただ、本番と同じスイム1500m,バイク40km,ラン10kmはだるすぎるので半分の距離にすることに。

 

 

ということで午前11時頃市民プール集合。

 

 

そう、今年の市民プールには50mプールがある。

私の家の近くのいつもいくプールは25mばっかなのでテンションアゲアゲ↑↑である。

 

しかも夏休み前なのか人全然いない。

なんと監視員とほぼマンツーマン状態!!

 

 

適当にアップしてスイムからスタート。

 

【スイム】

やはり50mは長く、壁が遠い。呼吸も苦しく、2ストローク1呼吸と完全にチキった泳ぎ方である。

ただ25mプールより距離は数えやすいのが唯一の救いだろうか。

25mプールで1500m泳ぐと

 

あれ?今日泳いだ距離なんか少なかったような...

ま、いっか!

 

と適当になりがちだが、50mプールはいい意味でサボれない。

750m(100m7本半)を15分30秒ほとでクリア。

 

 

 

【バイクトランジット】

今回は連続練のためトランジット時間も計測する。

今日は秘密兵器トライスーツ

(ズート) zoot トライアスロン トライスーツ TRI LTD FRONT ZIP RACESUIT Z1706031 <メンズ> Z1706031 HIGH_VIZ_YELLOW M

を実戦初投入したため、体を拭くのみで服を着替える時間はゼロ。

それでも駐車場に止めてある車までいくのに6分ほどかかる。

トライスーツのまま急ぎ足で出ていく私を受付のおばちゃんが完全に変態を見る目をしていたが、そんなことは気にしない。

 

 

キモいとかキモくないとか
まだそういうもんにこだわっとる
飾りにこだわっとる!!
飾りはゴミや
カスや!
不要品や!!

 

 

と必死に自分を肯定しながらスルー。

 

 

 

【バイク】

仮想たかはらやまということで、前橋市民プールから富士見の大鳥居を通過し、真壁ダム手前までというなんかアップダウンもありそれっぽいコース往復21kmを疾走。

去年の本番ではスイムから上がったあとのバイクはやべーくらい疲れていたが今日はそれほどでも。

やはりスイムは余裕を持って泳ぐことが大切か。

ただ朝赤城山登ってきたせいか途中うまく踏めない気もした←アホですな

21kmを43分。本番コレの倍の距離を1時間08分で走らにゃならんのにこれは失態ですな。

 

 

 

【ラントランジット】

バイクを車に積み込み、靴だけ履き替えすぐさまスタート。1分ほどで旅立つ。サングラスをつけようか迷ったが、トライスーツ着て全力で走っているところを知り合いに見られたらなんか嫌な気もするので、モザイク的な意味で装備。

 

 

 

【ラン】

市民プール、市立前橋高校、群馬県合同庁舎の周りを周回5km。

スタートしてから間もなく市立前橋高校の校門前を通るとき、近くに座っていたJK達に若干距離を置かれたことに多少のショックを受けるもののそんなことは気にしない。

 

 

キモいとかキモくないとか
まだそういうもんに(ry

 

 

サングラスしてたんでアスリート感出てたからセーフですな。

 

うん、トライスーツ着た汗だくのおっさんが必死に走ってたら誰だって身構えるよね。

むしろ通報されなかっただけだも良い娘たちだな!うん!!

 

精神力も相当に鍛えられ5kmをキロ5分ペースとなる25分30秒ほどで走りきる。

 

ただ、速く走ると脚が気づかないうちに内股気味になるようで、途中膝の外側が痛くなりそうで、脚(足首)の向きをかなり気にかけながら走っていた。

 

 

 

【練習結果】

スイム 750m 15分30秒

トランジット① 6分

バイク 21km 43分

トランジット② 1分

ラン 5km 25分30秒

 

 

合計 1時間31分‼︎

 

 

単純に各種目だけ(トランジット含まず)を倍にした仮想たかはらやまタイムは

 

スイム 27分

バイク 1時間26分

ラン 51分

(トランジット 6分+1分)

 

予想タイム

2時間51分

 

確か去年本番が2時間48分54秒で順位が56位/248人...

 

 

いや、コレに本番主人公補正とプールサイドを駆け足できる時間を考慮すると去年の記録更新はほぼ達成できますね!!

 

 

 

あれ?

 

前回の記事で2時間30分切り目指すとか書いたような...

 

計算があわないぞぉ〜

 

 

 

練習あるのみですね!

 

 

 

あ、

3種目連続練習はたぶんもうやりません。

 

 

 

疲れるし、

 

 

何より女子高生の視線が気になるので

【2018たかトラ練-②】パッシングウォール

 

タイトルはアレですね

 

“SASUKE”のステージ最後にある重い扉持ち上げるアレですね

f:id:rollretasu:20180630142431p:image

 

ロードバイカーのガチ勢になるために必要な第1の扉が『5分 300W』であると私は考えている。

 

私くらいの体重(60kg前後)だと巷で言われる5分5倍(5分間体重の5倍のパワーを維持する)なんかと同意義であろう。

 

それにしても

 

5分 300W

 

なんというパワーワード

 

響き良すぎだろ。

 

 

そして6月最終日となる本日、

挑戦権への挑戦という意味で5分間全力パワー測ることに致しました。。。

 

 

 

 

その結果の前に6月のまとめをば。

 

6月 総括(6/30時点)

※()内は5月末の数値

走行距離: 800km (800km)

獲得標高:1万4000m (1万4500m)

身長       : 175.7cm (175cm)

体重.      : 59.2kg (62.4kg)

BMI.       : 19.17 (20.4)

Power(FTP): 238w (222w)

Power/Weight: 4.02w/kg (3.55w/kg)

VO2MAX:68 (64)

 

 

 

うむ。

落車して練習期間の確保が難しかった割によく走れたのではないだろうか。富士ヒルもあったし。

そしてさらっとパワーウェイトレシオ4倍をクリア。

7月は大会等は1つもエントリーしていないので距離と獲得標高がもう少しいけると良いだろう。

なんか1000km走らないとサボりみたいな風潮ある気がするし。

 

 

そして以前の5分間全力パワーについては、

6月10日(土)富士ヒル前日に開催された「スプリント・オブ・富士山」(距離2.5km斜度4%前後のタイムトライアル)時点で264wであった。

 

 

 

ワイはあの日誓ったんや

 

最強のスプリンターになると!

 

 

 

 

計測前に軽くアップ。

なんか他のブログ見てるとみんなアップしてるみたいなので。

 

 

 

アップメニューは適当にネットにあった

 

体重の2倍からスタートし、1分おきに10wずつ上げていき、FTPの110%まであげるというもの。

 

私の場合、120wからスタートし、130w、140w、150w・・・と上げていくのだが、そんな10w刻みで器用に1分間維持できるほど自分は繊細でもないので、そこら辺は適当に。

 

 

つか10wとか誤差じゃね

 

 

ちなみに自転車に乗らない一般ピーポーがママチャリ漕ぐと100w、何年かロードバイク乗ってる中級者が1時間200wとかよく言うよね。

 

 

そんなこんなで

汗だくになりながらコレをクリアー

→いやアップだろ!

 

 

 

そして、本当はアップメニューがこの後30秒全力スプリント&30秒レスト×3と書かれていたが、体力温存を考慮してスキップ←えw

 

5分間55%(自分だと130w)ほどで流して本番の5分間の計測へ。

 

 

 

さあいくぞぉおおお

 

 

 

 

計測開始

 

 

 

ピッ

 

 

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

ふんぬぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

 

 

 

ピッ...310w...

 

 

 

 

 

ピッ...317w...

 

 

 

 

 

ピッ...322w...

 

 

 

 

 

 

俺いけるやん!!

 

 

 

 

 

 

 

時間は!!?

 

 

 

 

チラッ...

 

 

 

 

 

10秒経過

 

 

 

 

 

嘘・・・だろ・・・

 

 

 

まだ10秒しかたってないだと・・・

 

 

 

 

 

 

計測あるあるだと思います。

 

 

 

 

これがかの有名なアインシュタインが言っていた相対性理論。。。

 

 

熱いストーブの上に一分間手を載せてみてください。まるで一時間ぐらいに感じられるでしょう。ところがかわいい女の子と一緒に一時間座っていても、一分間ぐらいにしか感じられない。それが相対性というものです

f:id:rollretasu:20180630193540j:image

 

 

 

つらい!!

 

しかしなんとしてもクリアする!!

 

 

 

スプリントは俺の生きている証!!!

 

 

 

 

 

 

5分といっても後半は必ずタレる。

 

前半の今のうちに貯金を作るしかない!!

 

 

 

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

 

 

ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる

 

 

 

 

 

 

 

チラッ...

 

 

 

 

 

30秒経過

 

 

 

 

 

(・・・ムリやろコレ)

 

 

 

 

 

 

 

とまあそんな感じで、途中頑張り過ぎて室内落車しかけましたが、何とか5分クリアー。

 

 

しっかり(という名の5分)ダウンしてからサイコン確認。

 

 

 

けっかはっぴょ〜

 

 

どぅるるるるるるる

f:id:rollretasu:20180630194522j:image

 

さあどうなる・・・

 

 

ゴクリ・・・

 

 

 

ジャン♪

f:id:rollretasu:20180630194602j:image

 

 

 

296wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

ファーwwwwwwww

 

 

 

 

あと4wやん!!!

 

誤差やろ!!!

 

 

 

まじかー

 

途中落車しそうになってペダル緩めたのがダメだったかなー

 

 

 

ん・・・?

 

まてよ・・・

 

 

 

 

(画面右にスイーッ・・・)

 

f:id:rollretasu:20180630194749j:image

 

 

 

 

 

!!!

 

 

 

 

 

f:id:rollretasu:20180630194919j:image

 

 

 

きました

 

平均パワー300w

 

 

 

先ほどのNPとかいう数字は正直よくわかりませんからね。

 

 

 

セイキカサレタパワー?

 

さて?知らんな

 

 

 

やはり5分 平均 300w コレじゃないですかね

 

 

 

ということで第1の扉を何とかギリギリクリア

 

 

百錬自得の極み習得ですね

 

 

これからは挑んでくる挑戦者がいたら倍返しで返していきたいと思います。

 

 

 

 

ん?

 

 

スイム?

ラン?

 

 

 

知らんな!

 

 

 

 

たかはらやまトライアスロンまであと36日!!

 

 

第2の扉もこじ開けてやっからな〜

【2018たかはらやまトライアスロン編-①】奥義

 

 

5月のハルヒル、6月の富士ヒルと連続で掲げた目標を達成できずにいた私は、不甲斐ない自分にある枷をかすことにした...

ハルヒル:目標50分/結果51分3秒、富士ヒル:目標1時間10分/結果1時間12分16秒

 

 

 

神の声:最強のヒルクライマーになりたいか

 

 

僕:はい。

 

 

神の声:では人の3倍練習しなさい

 

 

僕:わかりました。じゃあ今年もトライアスロンやります。

 

 

 

 

 

 

ということで今年もよろしくやりますトライアスロン!!

【2017たかはらやまトライアスロン本番】涙の数だけ強くなれるよ - 最強ヒルクライマーの最強ヒルクライム日記

↑2017年の当日はこちら。

f:id:rollretasu:20180627202217j:image

また懲りずにオリンピックディスタンス(スイム1.5km,バイク40km,ラン10km;計51.5km)だぜ!

 

1種目でも大変なスポーツを3種類もやるんだから人の3倍練習してることになるだろ!!

 

どこかの誰かが二刀流ごときで騒がれているようだが、それからしたらオレ三刀流だからね!!

 

三千世界食らわすぞコラァ!!

f:id:rollretasu:20180627201944j:image

 

 

ここで一句...

 

 

 

 

三千世界の鴉(カラス)を殺し

ぬしと朝寝がしてみたい

 

 

 

 

 

 

 

訳:トライアスロンの練習とかだりぃから朝ゆっくり寝たいわ〜

 

 

ちなみに本当の意味はくれぐれもお父さん・お母さんに聞いちゃダメだぞ!

 

 

 

 

そしてきたる8/5(日)のたかはらやまトライアスロンの今年の目標を立てるにあたって昨年の振り返りから。

 

◼︎スイム(1500m)

31分01秒

89位/248人中

正直溺れかけていた。

人混みをかき分けていくテクとサイズのあった水着が必要(戒め)

 

→今年の目標:30分00秒以内

水着がよくなることと溺れない程度に楽に泳ぐ練習をすること!

うん!俺様ってば謙虚!!

 

 

 

◼︎バイク(40km)

1時間19分40秒

26位/248人中

ダムへの登り周回コースを2周。アップダウン平坦なんでもありのさながらロードレース。昨年は富士ヒルシルバーで油断し、2ヶ月間自転車はノー勉ならぬノー練でいったので今年はみっちり練習してテッペン(種目1位)とるど〜

 

→今年の目標:1時間08分以内

昨年の1位のタイムがこれくらい。

えw

これ着替え時間入ってるとか信じられないぞw

 

 

 

◼︎ラン(10km)

58分13秒

125位/248人中

毎度お馴染み鬼門のラン。昨年はラン開始時点で完全にバテまくっていたので今年は体力をちょい残してランを迎えたい。最後なのにアップダウンありのマジキチコース

 

→今年の目標:50分00秒以内

・・・遅い?

いやね、

2種目終わった後のラン50分は相当キツイんだぞ!?

 

 

 

 

3種目足した目標設定時間は

ズバリ...

 

2時間28分‼︎

※昨年2時間48分54秒(56位/248人中)

 

このとおりいければ昨年の総合15位相当。

 

 

2時間20分切れれば年代別優勝といったところか。

しかしあと8分は無理ゲー。

 

 

 

 

とりあえずこれから毎日お風呂入る前に素早く服脱ぐ練習でもするかな〜

 

 

 

 

 

 

今年もまたあの暑い夏がやってくるぜぇぃ...

f:id:rollretasu:20180627202805j:image

 

【2018富士ヒル本番】存在の証明

 

軋んだ想いを吐き出したいのは~♪ 

 

 

 

『存在の証明』が他にないから~♪

 

 

 

 

 

 

 

消してぇええええええ

 

 

 

 

リライトしてぇえええええ

 

 

 

 

 

どうも、また今年も懲りずにやってきました。

日本ヒルクライム界最大のお祭りコミケことMt.富士ヒルクライムです。

 

 

今年は天気の予報が雨つづきとなり、小心者の皆さんのこと当日の天気に一喜一憂していたのではないだろうか。

 

 

私は自他ともに認めるスーパー晴れ男(過去に参加したハルヒル・乗鞍・赤城・富士ヒルetc...全て晴れ)なので、天候の心配など1ミリもせず、穏やかな気持ちで当日を迎えていた。

 

 

 

 

そして当日朝窓を開けて第一声...

 

 

 

 

 

いやちょっと雨降っとるやん!!

 

 

 

 

6日前の落車が響いているのか晴れ男ぶりが弱まっているようである。

 

 

 

しかし安心してほしい。

 

 

 

私は晴れ男でありながら濡れた路面コンディションにも滅法強いという全天候型オールラウンダーなのだ←そんなのアリかよ←アリです

 

 

 

雨の赤城山をテンションあげながら登る私をナメないでいただきたい

 

 

 

そんな感じで霧雨はノーカンじゃね?とか思いながらスタート地点へと向かった。

 

 

今回は以前の記事に書いた通り申告タイムを盛り過ぎたということもあり、宣言通り第3ウェーブ最後列からのスタートいうことで1時間10分を切ることを目標に掲げた。

 

 

 

 

 

当日の朝に。

 

 

 

 

 

2018年の今年から申告タイム順ではなく実績順となった富士ヒルにおいて、第3ウェーブ(第1・第2は選抜)というのはおよそ過去にシルバーリングを獲得したものの集団なのだ(推測

※自分は昨年1時間13分35秒でシルバーリングGET済。今回申告が1時間05分←えw

 

誤解を恐れずあえて言うのであれば、第3ウェーブはシルバーリングが取れて当たり前。第3ウェーブでシルバーリングを目指すというのは、「あ、俺今から息吸うわ~」というのと同義なのである※諸説あります

 

 

 

そう自分に言い聞かせ、私は当日の朝に自分のロードバイクに貼ってあった1時間14分を目指すラップ表を引き剥がし(えw)、急遽作成した1時間09分ペースのラップ表に張り替えたのであった…

 

f:id:rollretasu:20180613205720j:image

つーか直前まで1時間14分狙いとかだいぶチキってるのがわかりますね!

 

ちなみにバイクにラップ表見ても、レース中はラップ表見ると前見えなくて危ないので(しかもシートポストの細かい字なんて見にくいし)やめた方がいいと思うよ!

 

 

 

正直、直前に落車もして怪我してるし、前日はスプリント・オブ・富士山でスプリントTT

 

sh2sh2.hateblo.jp

 

してるし、でもたぶん頑張ればシルバーリングは取れるだろうし、と今回の目標を失いかけていた自分がいたが、一応ではあるが1時間10分切りを目指す(するとは言っていない)ことになり、直前に弱い自分を律することができたのは良かったと思う。

 

 

 

 

それでは久しぶりの雨クライム実況!!

 

とくとご覧あれ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議と脚が軽い。

 

前日の「スプリント・オブ・富士山」での2.5kmの全力スプリントが意外にも自分の脚にとっては良い刺激になったようである。

 

私は今回富士ヒルに出るにあたって、

絶対に前を引かず、人の後ろにつき続けるを実行することを心に固く決めていた。

※富士ヒルは全長24kmと距離も長く、平均勾配も約6%となだらかで風よけの恩恵を受けやすいよ!

 

 

 

ドラフティングは賛否両論あり、議論が荒れがちになるとはわかっているのだが、私個人とするとルールで明確に否定されていない以上『有り』である。一般クラスで戦略が一致しないのであれば別にローテーションする必要もないと思っている。

 

 

昨年トライアスロンの大会に出てみたが、そっちでは明確にドラフティングが禁止されてるしね

 

 

 

ドラフティングを卑怯とまで言う人はあまりいないと思いますが、自分はまあ自分自身が納得する走りをすればいいんじゃね?って感じですね

 

 

ちなみに自分も練習中とかにぴったり後ろにつかれると

 

なんだコイツ

 

とかは思います。

 

人間だもの。

 

 

 

 

 

 

 

少し話題が逸れたが

スタートしてから一合目下駐車場(3.3km地点)までは作戦通り早そうな人の後ろにぴったりついていた。

 

 

そのときの感想がこちら。

 

 

 

 

 

雨www

 

 

 

やめれwwwww

 

 

 

 

つか目にしみるwwwww

 

 

そう、ドラフティングするためにぴったりと後ろについているため、前の人の後輪タイヤが巻き上げた路面の雨水が見事顔面にヒットしていた。

f:id:rollretasu:20180612000619j:plain

アレですね!マキバオーでいうところの対ニトロニクス戦ですね!!

 

 

 

 

 

これにはドラフティング否定派の人たちも

 

 

ざまぁwwww

 

 

といった感想しか出てこないと思う

 

 

 

 

 

ドラフティングする側も大変なのだ。このくらいで許してほしい。

 

 

 

そんな雨にも負けず後輪の巻き上げにも負けず

一合目下駐車場で男性参加者のリピーターの99%が思ったであろう↓

 

 

いつものチアガールの娘たち、雨のせいでジャージやんけ…

 

 

という感想に自分も漏れることなくため息をつき、やや減速。

 

 

 

そして1時間10分切りの目安となるペース、一合目下駐車場(3.3km地点)11分40秒ほどで通過。

 

ここまではラップ通り。

 

というか去年ここまで11分30秒とかはじめどんだけ飛ばしたんだ…

 

 

 

人の後ろについているので特にやることもなく、一合目看板(5.5km地点)18分30秒で通過。

 

ただし作成したラップ表からは30秒ほど遅れていた。

 

しかし、私は焦ってなどいなかった

 

このラップ表は1時間10分を余裕をもって切れるように1時間09分を目安に作ってある←コレが後々大きな意味をもってくるとはこのとき知る由もない...

 

 

 

ということは1分は余分!

 

余るってことだ!

その気になれば…‼

 

 

 

 

今思えば典型的な思考の泥沼パターンですね!!

 

 

 

そして二合目看板(9.0km地点)通過。ラップ表は28分30秒。実際の通過が29分

 

 

 

相変わらずお気楽ムード

 

 

 

後ろから頑張って抜く人もちらほらいたが目の前の人を信じて動かない

 

 

 

     /         ∧   ::   :::\



     /      / /| /:: | |     ::::\  なんでそんなにみんな急ぐの・・・・・・?



.     /::  ::  / | /:| /:::: | |::| |\:   ::ゞ  焦ることないじゃん・・・・・・!



    /:::  /|./─|/ :|/:::   _|_|─\  :::ゝ  だって余るんでしょ・・・・・? ・・・・・・時間



.    |  :/::/__ ̄ U    __ \:: ::|   なら・・・・究極的には間に合うってことじゃん



     | _|_/__\___/__\_|_::|  30秒くらい遅れたからって飛び付くことないよ・・・・・・!



..   l⌒| | |.( ̄ ̄o .|   |. o ̄ ̄.)| | |⌒l  最後の最後までねばっていけば



..   || :||:|: \──/ ̄ ̄:\──/ :|:|:/ |  1時間10分には必ず間に合う



.    |δ||  v ̄ ̄ /  v::::|:  ̄ ̄ :::::||:6:|  タイムだってゴール後に



...   | :)|      /   ::::: |:    U ::::|:( |   1分も余っててもしょうがないんだから



     ゝ_|       (_ :::::_)     :::::|_ノ  ギリギリの時間になれば周りも加速してくるさ



.   /:: |    )( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)(  :::::| ::\  まあ・・・さすがにこのままのペースってわけには



... /::::::::::|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     :::|::::::::::\   いかないだろうけど・・・・・・



/::::::::::::::|\      ──      ::::/|::::::::::::::\__   ラップ表から30秒遅れで1時間10分切りいけるよ



:::::::::::::::::::| ::\            ::/:: |:::::::::::::::::\:::::::  まずいける・・・・!



: ::::::::::::::::|   ::::: ̄ ̄──── ̄ ̄:::::   |::::::::::::::::::::\::::  今飛び付くことないって・・・・



 

 

そして樹海台駐車場(10.5km地点)あたりから雨雲を抜け、路面は完全にドライの状態

 

 

全天候型オールラウンダーの出番だぜ!!

 

 

ここはみんな加速してくるハズ・・・!!

 

 

と思ったがそんなにペースは上がらない。

 

 

 

 

そしてすぐ近くの何気ない会話

 

「10㎞までこれ1時間10分切りペースですよ笑」

 

という会話を盗み聞きし、逆に安心してしまう。

 

既にラップから遅れてんだってば!

 

 

 

 

 

しかし三合目看板(12.8km地点)を過ぎたころ異変に気づく・・・

 

ラップ表は39分30秒となっているが、実際の通過タイムが41分15秒・・・

 

ラップ表との遅れが1分半以上広がってしまっている・・・

 

 

 

 

 

気が付けば・・・

 

 

楽観っ・・・!

 

 

 

続けて

楽観っ・・・!

 

 

 

やってしまったっ・・・!

 

 

 

さすがのカイジ

3合目で2分半の遅れ・・・

 

 

この楽観視は

猛省・・・!

 

 

 

 

 

しかし、自分もここから単独で登り切れると思うほど自分の実力を過大評価してはいない。

 

 

単独で走っても、このまま走ってもタイムがそんなに変わらないのであれば、ただ疲れるだけと、結局そのまま後ろにつき続けることに。

 

ええ、はい。

自分は目覚まし時計止めてからあと5分とか言いながら1時間は眠り続けられますが何か?

 

変な計算だけ頭回して夢も追えねえのか!救えねぇぜクズが!!

 

と今なら言えます。

 

 

 

そして大沢駐車場(17.8km地点)手前・・・

 

 

気づいたら女子選抜の人の後ろについていた

 

 

さすがにこれは情けないと思い、後ろから加速してくる人に

 

ヒョイッ

 

と飛び乗り、一応加速。

 

今思えばここで甘んじなかったのはかなりエラいのではないだろうか。

 

 

 

そして大沢駐車場(17.8km地点)到着。

 

 

ラップから既に3分遅れ。

 

 

そういえば去年はここから頑張ってひとりで追い上げたな~

(遠い目

 

 

と半ば現実逃避しながら焦りを1ミリもみせず、淡々と人の後ろでこぎ続けた

 

 

 

オールスポーツ(写真サイト)で

 

なんだこのオレンジのジャージのやつ?

毎回俺の後ろにいるぞ・・・?

 

 

 

と思ったアナタ。

 

 

 

正解

 

ワタシです

^q^

 

 

 

 

そして作戦通り山岳スプリット区間(19.8km地点)の急勾配も特に頑張るでもなく、他人に引かせ続け奥庭駐車場(21.4km地点)過ぎの平坦区間に到着。

 

 

 

 

待たせたな

 

 

ここからは俺たち”スプリンター”の出番だ

 

 

クライマーは後ろに下がって休むといい

 

 

 

と、ここまで引き上げてくれた全ての人を置き去りにし、加速。

 

 

チャオズは置いてきた

 

ハッキリ言ってこの戦いにはついてこれそうもない

 

 

 

そう、勝負とは時に無常なのだよ

 

 

 

 

単独走行も効率が悪いので前方の集団までブリッジし、集団走行へ

 

 

横目には「あと1キロ」の看板

 

 

このとき既に1時間9分50秒。

 

 

 

 

 

 

 

残り10秒・・・

 

もうダメぽ・・・

 

 

 

とりあえず踏むが、すでに最後のトンネルを超えており、平坦区間が終わり最後の登りがはじまろうとしていた・・・

 

 

1時間10分の目標を既に失ったが、ここまでずっと人の後ろで体力を温存していた自分は

 

 

 

スプリントしたい

 

 

 

と思い、集団後方から煽るように右前方へ

 

 

 

 

 

さあ!富士ヒルラスト300mだ!

 

 

 

 

 

誰でもいいからかかってこいよ!

 

 

 

 

 

さあ!

 

やろうよ勝負!!

 

 

 

 

 

 

さあ!

 

 

 

 

 

サー!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だ...

 

 

 

誰も出てこない・・・だと⁉︎

 

 

 

 

確かに見た感じみんな疲れてる・・・

 

今思えばみんなここまで"ちゃんと"登ってきたんだろうな~

 

 

 

まるでゴール前にカメラマンがいてゴールする瞬間を撮影していることを知っているかのような猛烈なスプリントで集団を抜き去りゴール。

 

 

ゴールした瞬間、

 

 

 

あ、これ絶対いい画とれてるわ

f:id:rollretasu:20180616200529j:image

※6/16写真追記

 

 

と確信した。

 

 

記録は1時間12分16秒。

f:id:rollretasu:20180613214814j:image

 

 

 

 

まあ順当じゃね?

 

 

 

 

昨年途中単独走も行い、死に物狂いで獲ったシルバーリング。

 

今年完全に有り余っている状態で獲ってしまったシルバーリング。

 

 

 

 

二つの同じ色のリングの重みがこれほどまでに違うとは・・・

 

 

そう、今回の反省としては

 

温存しすぎた

 

途中後方から加速してくる人の後ろにもっと積極的につくべきだった

 

 

体力・技術・機材・コンディション全てが申し分なかったが

(まあ一応1週間前に落車で怪我してるんだけど)

"意志"が足りなかった

 

 

 

それを痛感した

 

 

 

しかし逆に妙に自信もついた

 

 

練習はじめて1か月ちょいでこのタイムが出せてしまうとは

 

昨年シルバーリングを獲ったときは一生かかってもゴールドリングは取れないと思ったが

 

 

もし

 

もし通年頑張ることができたら1時間5分切り・・・ゴールドリングにもおそらく手が届きうるのではなかろうか

 

 

 

 

 

努力できない人のよくある発言ですね!

 

 

 

 

ただ

昨年1時間13分、今年1時間12分。

ほとんど変わらないタイムながらレースで感じた内容は全く違うものだった

 

 ロードバイク乗ってる人は自分の『存在の証明』を求めて、ゴールドなりシルバーなりブロンズなりを欲しがるのかもしれない

 

 

もうシルバーでは満足できない自分がいることに気が付けたというのは大きな成果ではないだろうか

 

 

 

え?

1時間10分切ってから言えって?

 

 

 

 

来年ゴールドトレイン乗り込みますんでよろしくニキーwwwww

 

 

 

 

 

 

去年はこの富士ヒル終わって8月までほとんどロードバイク乗らなかったからね

 

今年はちょっと攻めちゃおうかな♪

 

まったく今年の赤城山が楽しみである

 

 

サンキュー富士山!!

f:id:rollretasu:20180613212546j:image

 

 

以下需要ないだろうがデータ掲載(来年振り返る用)※体重は61.5kgで計算

f:id:rollretasu:20180613213045p:plain

 

 

f:id:rollretasu:20180613213100p:plain

 

 

 

ゴールデンウィークからロードバイクの練習を始めても富士ヒルのシルバーリング間に合う説

 

 

 

結論:距離1000km,獲得標高1万5000mほど練習できれば楽勝

 

【2018富士ヒル編(前日イベント)スプリントオブ富士山】最強のスプリンターたち

 

 

突然ですんません。

 

俺クライマーやめてスプリンターなります。

 

 

 

ということで、

快晴の晴れのもと、

翌日にMt.富士ヒルクライム控えた中、

富士ヒル第15回を記念した特別スプリントレース、通称”スプリント・オブ・富士山”33人の名だたるスプリンターが集結した・・・

 

 

 

 

 

 

 

えw

 

 

33人?www

 

 

少なすぎワロタwwwww

 

f:id:rollretasu:20180610215631j:image

確か募集定員は300名だったような...

しかも上位8人が入賞とか...

 

 

 

 

 

あのな・・・

 

これは運営どうこうの話ではなく・・・

 

 

 

 

そこまで富士ヒルのタイムが大事かお前ら‼︎

 

 

 

 

 

たぶん大多数の人間が

 

 

前日に脚使っちゃったら本番当日遅くなっちゃうじゃんwww

 

 

って感じだったんだと思う。

 

 

 

気持ちはわかるが、33人(うち女性2人)なら

あれ俺入賞出来んじゃね?

とか考えちゃうレベルですよ、奥さん

 

 

 

 

 

 

まあそんな大人の事情はおいといて

レースレポいくぜぇ!!!

 

 

 

 

6月9日土曜日

Mt.富士ヒルクライム前日

富士山周辺某所

 

 

 

遅刻常習魔ことワタクシが会場入りしたのは出走の30分前。最後から2番目。

 

 

受付して、着替えて、自転車の準備をしてとやることに追われた私のこと、コースを試走するヒマなどなく、つーかアップするヒマもなく、いきなりのスタートとなった。

 

 

つーか、前日タイヤをパナレーサーの超軽量タイヤGILLAR~ジラー~

 

に変えたんだが、

 

YouTube

「タイヤレバーは使っちゃダメ!ホイールを痛める危険もあるし、パンクのもと!コツを掴めば手でいける!」

とあったので、新品のめっちゃくちゃ固いタイヤを己の握力のみで相当頑張ってセッティングしたのだが

f:id:rollretasu:20180611213257j:plain

(↑握力イメージ)

朝起きたらフツーにパンクしていた。

 

 

なんとなくYouTuberにムカついたので

くらえ!文明の利器!!

とタイヤレバーの剛力で5秒くらいでタイヤをはめてやった。

 

このやりとりがなければ、アップやら試走やらできたと思うと、今でも悔やまれる...

 

 

 

まあ日頃の行いだよね‼︎

 

 

 

ということで、準備するなりいきなりレーススタート。

 

 

(スタート前)

ケッ・・・

たかだか2.5kmだろ・・・?

こっちは毎週20kmの山岳を攻めてるんだそ、余裕ッショwwwww

 

 

すたっふぅ「スタートは後ろ抑えてようか?」

 

俺スプリンター「いえ、大丈夫です(キリッ

(・・・スタートでコケたら恥ずかしいし)

 

 

 

(スタート直後)

 

あ、クリートはまらない

 

 

 

(スタート1秒後)

 

あれ、まだクリートはまらない

 

 

 

(スタート3秒後)

 

あれれ、まだ(略

 

 

 

(スタート5秒後)

 

ハマった!

 

いっくぜぇ〜い!!!

 

 

 

(スタート15秒後)

 

ヤバい。

ツールのタイムトライアルみたいでカッコいい。

 

5日前の落車の影響はほとんどない。

 

てかロードバイクまた乗れて嬉しい!!

 

アゲていくぜぇ~~~いい!!!

 

 

 

(スタート30秒後)

 

 

脚重い...

 

 ていうか景色が単調すぎるだろ...

 

f:id:rollretasu:20180611210048p:plain

↑これが淡々と2.5kmェ...

 

 

これはもうローラー練ですね、ハイ

 

 

 

 

といった感じで

頑張りどころがよくわからないまま粛々とこぎ続け、完全にへたりながらゴール

 

 

 

記録は6分7秒!!!

 

 

 

 

 

 

やばい

 

 

 

 

自分が早いかどうか全くわからない…‼

 

 

 

 

 

 

 

ということで張り出された記録速報を見てみると・・・

 

 

1位 5分17秒←早すぎバロスwww

2位 5分41秒

3位 5分44秒

8位 5分56秒

――(入賞ライン)――

9位 6分02秒

11位  6分07秒←自分

 

 

 

 

 

 

 

やばい

 

 

 

 

 

結局入賞ラインの11秒差がどれくらいの実力差なのか全然わからない!!

 

 

 

 

 

 

なんかスプリントっぽいこと全然できなかったな~などと少し後悔していると

まもなく予選通過上位4名による優勝決定戦が行われるとのアナウンスが。

 

 

 

 

ほほう...

 

 

 

どれどれ

 

 

 

スプリンターとしての自分の立ち位置を把握しておこうじゃないか

※予選は1分差で各々スタートするため他の人がどう走ってるか全くわからないのだ‼

 

 

 

 

カ...

 

 

 

 

カ...

 

 

 

 

 

カッコイイ~✨✨✨

 

 

 

 

ハイ、もうスプリンターになります僕

 

“登れるスプリンター”

 

これほど甘美な響きがあるだろうか・・・

 

サガンとか好きだし

f:id:rollretasu:20180611212900j:plain

 

 

 

 

正直前年のMt.富士ヒルクライムを1時間13分で登っている元クライマーの自分にとって

この平均勾配4.4%、一直線の2.5kmというコース設定は決して不利ではない(むしろ有利なんじゃね)ものであったが、結果が残せなかった。

というかシルバーランカーの私でさえ11位/33人中ということで、レースの質の高さがうかがえるだろう。

 

 

決して俺が遅いわけではないハズだ!!

 

 

 

…ハズだ‼!

 

 

 

 

 

いつまでも悔やんでばかりではいられないので

この悔しさを次に繋げるべく言い訳…ゴホン…反省点を挙げていきたいと思う

 

 

 

反省①圧倒的練習不足

 

自慢ではないが自分は自身が1時間の間出せる100%のパワー(これがいわゆるFTP?)出力を維持する技術はかなり鍛えられているといえる。(仮にも去年シルバーリングとってるし)

 

なぜならヒルクライムは中長距離であり、平均して高い出力を維持することが求められるからだ!

しかし今回のように己が出せる120%のパワーを短時間(5分程度)絞り出すという練習は今までまるでしてこなかった。

※ちなみに今回のレースの私のパワーは約6分で平均269w(NP;正規化されたパワー?だと284w)であった。FTP230wほど。

 

つーかローラーとかアニメ見ながらやってるし

 

 

 

そして俺は最強のスプリンターたちを間近で見ることで

肌で感じ取った...

 

 

この120%パワーはレースで必ず役に立つと

 

 

これからはリベンジをかけて短時間高強度の練習も取り入れていこうと思う。

 

 

 

 

 

 

俺が一番はじめにこの練習メニュー発見したんで

 

 

みんな真似するなよ!!!

 

 

 

 

 

 

反省②当日の準備不足

 

レース終了後、富士ヒルの出走リストを確認してみたのだが

意外にも翌日の富士ヒルは参加せず、このスプリント・オブ・富士山の参加のみというガチスプリント勢が結構見受けられた。

そして、彼らスプリント勢はレース前にきちんとローラーを持ち込み、アップを丁寧にしていたように思う。

 

いや俺もやってみたいんだけど、アップのメニューっていうのがまだよくわからんのだよね~

 

他の意識高いブロガーどもはアップのメニューにL5とかレストとかSSTとかわけわからん用語使いやがって‼︎

 

素人からすると

 

新しい英単語覚えたての中学生かよ!!

 

って感じですね~

 

 

しかし今回の件でアップの重要さが身に染みたのはかなり良かったです、実際。

 

私もトリコよろしく最強のアップメニュー(フルコース)を探す旅に出たいと思います、ハイ。

f:id:rollretasu:20180611215945j:plain

 

ちなみに現時点での私のフルコースメニューをここに公開しておこうと思う

 

 

サングラス オークリー RADAR EV PATH ツールドフランス限定モデル

ヘルメット OGK KABUTO FIGO

バイク   MERIDA SCLTURA9000

ジャージ  サンボルトエアロジャージ(ワンピース型)

シューズ  SHIMANO S-PHYRE RC9

ボトル   CAMELBAK

サイコン  Garmin520 or Garmin  foreathlete 935 

パワーメーター  Garmin Vector 2J

ローラー  エリート三本ローラー クイックモーション

サプリ   オキシアップ・メイタンカフェイン200+

ドリンク  CCD

アップメニュー  <未定>

 

※個別解説はブログネタが無くなったらやろうと思います、ハイ

 

 

今回ので短時間高強度(=L5)をアップメニューに入れてみようかなと思いました

 

 

みんなもテンプレとして使ってみてほしい

 

 

 

 

 

 

 

そして反省点ばかり挙げてずっとくよくよしていてもいけません。

褒めて伸ばすがモットーの私は常に何が良かったかを模索するのだが、

今回に関してはツールドフランスの選手のマネして実戦初投入したブリーズライトが非常に良かったと思う。

 

ブリーズライト エクストラ 肌色 レギュラー鼻孔拡張テープ  快眠・いびき軽減  8枚入

ブリーズライト エクストラ 肌色 レギュラー鼻孔拡張テープ 快眠・いびき軽減 8枚入

 

 

テープで鼻腔を広げて最大酸素摂取量を上げる。

 

正直効果の程はよくわからんが←おい

(つーか気休めじゃね?←おい

 

 

 

予選レースが終わった後、ダウンしているときに1位の選手がこれをつけていたのを発見したのだ。

 

 

 

 

俺(心の中):やっぱできる男はコレ(ブリーズライトですよね☆目線キラーン

 

 

 

 

 

 

1位人:???

 

 

 

 

といった感じで意思疎通を図れたのがすごい良かったと思う。

 

 

 

 

 

全体の総括として、今回は5日前に派手に落車したということで、レース前にほとんど練習できなかったのが残念だったがそんなのは言い訳である。

 

ちなみに自分は本番直前まで練習やらないとダメなタイプということも今回学習できた(休み過ぎると本番脚が重くなる様子)。

 

 

 落車したことにより、左の鎖骨と肩の骨を結ぶ烏口肩峰靱帯の損傷及び左半身に裂傷を負ったがそんな言い訳など私はしない。

 

 

 

 

頑張り過ぎると、鎖骨が肩から飛び出るからやめてね^^

 

 

 

と整形外科のお医者さんに言われたが、もちろんそんな言い訳など絶対にしない。

 

 

 

 

言い訳など絶対にしないのだ!!

 

 

 

次回スプリントの借りは必ずスプリントで返す‼

 

 

 

 

 

 

 

 

明日富士ヒルとかだるすぎだろ~(本音

【2018富士ヒル編-2】油断大敵、太りすぎ

 

 

 

6/2(土)

富士ヒル1週間前

赤城山ヒルクライムコース20.8km全力練

 

 

旧料金所(8.9km地点)

26分30秒

 

 

姫百合駐車場(15.1km地点)

51分30秒

 

 

山頂

1時間14分55秒←New Record!!

 

 

 

 

フフフ・・・

 

きましたよ・・・

 

 

富士ヒル1週間前にして、昨年を上回る好タイム

※シルバーリング獲得した昨年でさえ確かこの時期1時間16分20秒とかでした

 

 

 

 

というか、赤城山ヒルクライムの本番除く試走で1番いいタイムである。

※昨年2017年9月に記録した1時間14分56秒(ちな今回1秒更新)がタイムだけでいうと自分の中での過去の練習ベスト

 

 

 

姑息にも畜産までアウターでタイムを稼ぎ、中盤にダレないことを意識しつつ、ラストスプリントも頑張った結果ですね。

 

 

 

 

 

 

そう、そして

こういうとき私は必ずSTRAVAを見る

 

 

コ、ココにSTRAVAのアカウント貼ったのは

べ、別に…と、友達とか欲しいワケじゃないんだからねっ///

 

 

 

運動部版SNSといえるSTRAVAではその日特定の区間を登った人の順位が出るのだが

 

 

 

 

 

「正直今日の赤城はワイが1位やろ・・・」

f:id:rollretasu:20180604172944j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STRAVA ★赤城山ヒルクライム大会

1位 最強ヒルクライマー さん 1じかん14ふん

 

 

 

 

 

 

 

 

「やっぱりワイが1位やんけ!!」

f:id:rollretasu:20180604182231j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お?なんかひまやから昼過ぎにもう一回STRAVA更新してみるか。まあ、昼間に登るやつなんて大したこと・・・」

 

 

 

 

 

 

 

STRAVA ★赤城山ヒルクライム大会

1位 ↓こいつ雑っ魚www さん 1じかん1ふん

2位 最強ヒルクライマー さん 1じかん14ふん

※名前は仮名です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:rollretasu:20180604182806j:image

 

ちーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんやこの厨パァ!!!

 

 

 

1時間1分とか早すぎるやろ!!

年代別の表彰台タイムやんけ!!!

 

 

というかなんでこういう早い人は前半戦・中盤戦・後半戦のそれぞれのタイムを足した数字よりコース全長のタイムの方が早く表示されとるんや!!インチキやんけ!!!

 

 

 

 

 

 

いや、ワイはコイツを知っとる・・・

 

 

そう、ベストタイムを出しておきながら姫百合過ぎの九十九折で1人の男にブチ抜かれたのを思い出した・・・

 

 

早すぎてついていく気がおきんかったわ・・・

 

 

つーか、電動eバイクなんじゃないかと

見て見ぬ振りして現実逃避しとったわ

 

 

 

過去最高の練習タイムを出しておきながら、課題を突きつけられた自分だが、不思議と笑みが浮かんでいた。

 

 

 

コレが「表彰台」

 

コイツ(失礼)の走行タイムと自分との差が理想と現実の差・・・

 

14分差は確かにデカいが、個々の区間のタイム差をみると絶望的なわけではない

 

 

 

 

〝俺はまだ高く翔べる〟

 

 

 

 

 

それには練習が必要だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその翌日、6月3日(日)。

 

 

苦手分野のロングライドを強化しようと珍しく山を攻めていたところ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤバい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唐突の落車

 

 

 

 

 

f:id:rollretasu:20180604182806j:image

 

ちーん(2回目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸いマジで運良くかすり傷(チャリについてはサドルとクイックレバーにキズがついたのみで車体はほぼ無事)で済みました。

 

 

急な下り坂でこまめなブレーキングを怠った結果です。

集中力・注意力が不足していました。

そしていろいろ調子に乗っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやー死ななくて良かったwwwww

 

(左半身に軟膏ヌリヌリwww)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

富士ヒル大丈夫なの?

 

 

 

 

 

と思う読者もいると思う。

 

 

 

 

 

ただ安心してほしい。

 

 

 

私は(自転車に限らず)事故や怪我したときは

運のバランスをとるとめ宝くじを購入している。

f:id:rollretasu:20180604190548j:image

 

 

今回も買った宝くじが全てハズれたので、落車のアンラッキーをプラマイゼロにしたわけである

 

 

 

まさに天才的思考

 

 

 

 

 

みんなも真似していいからね(^_−)−☆

 

 

 

 

 

 

富士ヒルのシルバーに影響なし

 

 

 

 

 

 

(怪我した)

左手は添えるだけ・・・

【2018富士ヒル編-1】ロードオブザリング

 

タイトル思いついたとき、自分センスありすぎじゃないかと思いました。

 

だって

ロード(バイク) オブ ザ (ゴールド)リング

ですよ

 

 

 

※富士ヒルをよく知らない方向けに補足すると富士山を舞台に行われる富士ヒルクライムでは完走したタイムに応じてリングが貰えるよ!

そのリングの色がロードバイカーのステータスになっている(と思う)んだ!

 

 

ちなみに

ゴールドリング1時間05分00秒以内

シルバーリング1時間15分00秒以内

ブロンズリング1時間30分00秒以内

(以下略)

ってな感じだね!

 

 

タイムだとわかりにくいんで割合で表すと

ゴールドが上位1%以内(偏差値75相当)

シルバーが上位7%以内(偏差値65相当)

ブロンズが上位30%以内(偏差値55相当)

ってな感じらしいね!

 

それぞれ初心者・中級者・上級者の壁といってもいいのかもね!

 

 

 

数字はテキトーだけどね!!

 

 

 

 

 

 

さて話は戻り、私は現在シルバーリンランカーでございます

昨年の2017年富士ヒルクライムで1時間13分30秒くらいで走り切り、一発目で無事シルバーリングGETですね

 

まあシルバーリング自体はペン立ての中に無造作につっこんであり、扱いは雑ですが。

 

 

 

そして、遡ること今年1月...

 

 

 

 

 

やってしまいました

 

 

 

 

2018年富士ヒルクライムエントリー

 

 

申告タイム

1時間04分59秒

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間04分59秒

 

 

 

 

 

 

 

えw

 

 

 

 

 

 

 

 

いやね、冬の間もうちょっと練習すると思ったのよ。

自転車も買ったし。

  

 

 

実際はめっちゃスプラトゥーンやっちゃったよね。。。

f:id:rollretasu:20180531123931j:image

 

 

 

 

ゴールデンウィークまで玄関のオブジェと化していた新車が全てを語っているように、ハルヒルも51分と惨敗だったし、ここからゴールドリングは100%無理ですね

 

 

 

 

 

 

ヒルクライムにまぐれはない(キリっ

 

 

 

 

ゴールドリングってその都道府県のトップクライマーらしいっすよね...

 

 

 

ということで、今思えばなぜエントリーしてしまったんだというレベルですが、エントリーしてしまった以上はDo Your Bestなわけで頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

あー

 

なんか富士ヒルって実際より申告タイム盛るとすげー叩かれるイメージありますよねー

 

ブロガーは特に

 

 

私は正直にタイム盛ったこと申告した、かつスタート後方にいくんで許してください。

 

つーか今年から過去のリザルトもみるって富士ヒルHPに書いてあった気がするし、もしグループ早くても俺だけの責任じゃないっしょ!

てへぺろ

 

 

 

 

5月 総括(5/31時点)

走行距離: 800km

獲得標高:1万4500m

身長       : 175cm

体重.      : 62.4kg

BMI.       : 20.4

Power.   : 222w

Power/Weight: 3.55w/kg

VO2MAX: 64

 

↑なんかこういうこと書くと強そうに見える・・・!!

 

 

 

まあ5/31時点で昨年の90%くらいまで力を取り戻してきた感はあるので

 

 

シルバーリングは余裕ですねwww

 

 

 

1時間10分切りとか目指しちゃおうかな〜♪www

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、スタートは後ろにいます。

何回もすんません。